FAMOUSSONG

【W】
【バラード】【男性】【ソロ】【1980s (Origin:1970s)】【♩Med-slow】
【カントリー】【ポップ】【シネマミュージック】

Always On My Mind / Willie Nelson (Origin : Wayne Carson)
(オールウェイズ・オン・マイ・マインド / ウィリー・ネルソン)


「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」は、米国のカントリーシンガー、
ウェイン・カーソンが1970年にリリースした楽曲。


↑ウェイン・カーソン(Wayne Carson)




1972年には、ブリンダ・リーとグウェン・マクレーの女性2人に加え、エルヴィス・プレスリーがカバー。

   







そして、ここでピックアップしたバージョン。
米国のカントリーミュージシャン、ウィリー・ネルソンが1982年にアルバム「Always on My Mind」でカバー。


↑ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)

シングルカットもされたウィリー・ネルソンのバージョンは、
米国シングルチャート5位(カントリーチャートの1位)を獲得するヒットとなり、
ウィリー・ネルソンが歌った「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」は、
1982年に対する(第25回)グラミー賞で「最優秀楽曲賞」「最優秀カントリー楽曲賞」
「最優秀 男性カントリーボーカルパフォーマンス賞」の3部門を受賞しました。



また、1980年代後半には、イギリスの男性ポップデュオ『ペット・ショップ・ボーイズ』が
ディスコアレンジでカバーするなど、「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」は、
性別問わず、多くのアーティストにカバーされるスタンダードナンバーです。


↑ペット・ショップ・ボーイズ(Pet Shop Boys)





「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」は、
1981年公開の映画「This Is Elvis




1985年公開の映画「目撃者マリー」(原題 : Marie )




カンヌ国際批評家賞他受賞。貧しい労働者が集まる工事現場を舞台に、刑務所を出たばかりの青年とパブの女性シンガーとの愛の行方を描く。
1991年公開の映画「リフ・ラフ」(原題 : Riff-Raff )




“運命は変わった方法でやってくる だから素晴らしい"
ユアン・マクレガー / キャメロン・ディアス出演のラブ・コメディ。
1997年公開の映画「普通じゃない」(原題 : A Life Less Ordinary )




サンドラ・ブロックとニコール・キッドマンがキュートな魔女を演じたラブロマンス。
両親を失い、叔母たちと暮らす仲の良いサリーとジリアン姉妹。彼女たちの一族は、先祖代々魔法の力が受け継がれていたが…。
1998年に公開された映画「プラクティカル・マジック」(原題 : Practical Magic )




普通の主婦だった主人公が、大好きだった歌手を殺した犯人を見つけようとしたことで、平凡な世界から一転し、危険な世界に首を突っ込んでしまう…。キャシー・ベイツ主演、ちょっと大人のラブコメディ。
2002年に公開された映画「夢見る頃を過ぎても」(原題 : Unconditional Love )




ユニバーサルシネマ配給、アダム・サンドラー主演のコメディ。
昨日までは親友、今日から夫婦!?異色の爆笑ウェディング・ムービー!!
2007年公開の映画「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」
(原題 : I Now Pronounce You Chuck & Larry )




ケビン・コスナー製作・主演で贈るコメディドラマ。アメリカ大統領を決める一票を握ってしまったぐうたら親父が、全国民のために立ち上がる!?
2008年公開の映画「チョイス!」(原題 : Swing Vote )




2009年公開の映画「Beautiful Kate




2012年公開の映画「THE LAST ELVIS


など、多くの映画や番組にも使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>
ウェイン・カーソン (Wayne Carson) [*Origin]
ブレンダ・リー (Brenda Lee)
グウェン・マクレー (Gwen McCrae)
エルヴィス・プレスリー (Elvis Presley)
ジョン・ウェスリー・ライルス (John Wesley Ryles)
ペット・ショップ・ボーイズ (Pet Shop Boys)
ロレッタ・リン (Loretta Lynn)
スウィートボックス (Sweetbox)
マイケル・ブーブレ (Michael Bublé)
デニス・ブラウン (Dennis Brown)
スコッティ・マクレアリー (Scotty McCreery)
フリオ・イグレシアス (Julio Iglesias)
インゲル・マリエ・グンナシェン (Inger Marie Gundersen)
ビービーキング (B.B.キング)
クリス・デ・バー, ニック・イングマン & ロンドン・セッション・オーケストラ
(Chris de Burgh, Nick Ingman & London Session Orchestra)
スーザン・ボイル (Susan Boyle)
ライアン・アダムス & ザ・カージナルズ (Ryan Adams & The Cardinals)
アン・マレー (Anne Murray)
クリス・マン (Chris Mann)
カローラ・ヘグクヴィスト (Carola Häggkvist)
黃鶯鶯(Tracy Huang)
ビージー・アデール (Beegie Adair) 〜Piano Inst
・・・他
wrote : 〜2013
(update : 2017.10.28)