FAMOUSSONG

【T】
【バラード】【男性】【グループ】【1960s】【♩Med-slow】
【ブルース】【R&B/ソウル】【シネマミュージック】

I Wish It Would Rain / THE TEMPTATIONS
(アイ・ウィッシュ・イット・ウッド・レイン / ザ・テンプテーションズ)


「アイ・ウィッシュ・イット・ウッド・レイン」(邦題 : 雨に願いを)は、
米国の男性ボーカルグループ『テンプテーションズ』が1967年にリリースしたシングル。
米国シングルチャートの4位(R&Bチャート1位)を獲得するヒットとなりました。

アルバムタイトルにもなった翌1968年のアルバム「The Temptations Wish It Would Rain」にも収録され、アルバムも米国アルバムチャートの13位(R&Bチャートの1位)という好成績を記録。


↑アルバム「The Temptations Wish It Would Rain

「アイ・ウィッシュ・イット・ウッド・レイン」(邦題 : 雨に願いを)は、
愛する人を他の男に奪われた心情を歌っており、歌詞を担当したロジャー・ペンザビーンの
実体験を描いたものとされています。
そのロジャー・ペンザビーンは、この曲の発表後に自殺。23歳という若さでした。
そんな深いエモーションを代弁するかの様な、リードボーカルのデヴィッド・ラフィンの
ソウルフルでエモーショナルな歌唱が聞けるナンバーです。


「アイ・ウィッシュ・イット・ウッド・レイン」(邦題 : 雨に願いを)は、
コンピレーションアルバムにも収録されています。

↓おすすめコンピレーションアルバム



名アーティストが顔を揃え、時代が流れた今も数々のアーティストにカバーされ続けるヒット曲を量産したレーベル、モータウンレコード。
『テンプテーションズ』は、そんなモータウンレコード全盛期を支えた有名なグループのひとつです。



また紹介の曲「アイ・ウィッシュ・イット・ウッド・レイン」(邦題 : 雨に願いを)は、
激しい銃弾によって近付く者をミンチにしてしまう戦場“ハンバーガー・ヒル”を舞台に繰り広げられるベトナム戦争の死闘を描いたドラマ、1987年に公開された映画「ハンバーガー・ヒル」
(原題 : Hamburger Hill )




ロバート・デ・ニーロ / キューバ・グッディング・ジュニア主演。実話に基づくネイビー・アクション超大作。2000年に公開の映画「ザ・ダイバー」(原題 : Men of Honor )





ジョン・シングルトン監督が、軽快なソウルミュージックに乗せて贈る兄弟愛と復讐の物語。
2005年に公開された映画「フォー・ブラザーズ / 狼たちの誓い」(原題 : Four Brothers )


など、映画や番組に使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

フェイセズ (Faces)
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.12.22)