FAMOUSSONG

【S】
【女性】【グループ】【1960s】【♩Med-slow】
【R&B/ソウル】【ポップ】【シネマミュージック】

Will You Still Love Me Tomorrow / The Shirelles
(ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロウ / ザ・シュレルズ)


「ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロウ」は、キャロル・キングとジェリー・ゴフィンによって書かれ、米国の女性ボーカルグループの『ザ・シュレルズ』(The Shirelles)に提供した楽曲。
1960年にシングルリリースされ、米国ビルボードチャートで1位を獲得しました。


↑ザ・シュレルズ(The Shirelles)


今や『シュレルズ』の代表曲ともいえる楽曲ですが、
提供された本人達は、当初あまり好まなかったようで、
アレンジをR&Bテイストにすることで、まとまったといわれています。
とはいえ、全体にはアメリカンポップスといった印象も強い楽曲となっていますね。


キャロル・キングも1971年に発売のアルバム「タペストリー」(邦題:つづれおり)で、セルフカバー。


↑キャロル・キング / アルバム「タペストリー」(邦題:つづれおり)

キャロル・キングのシンプルなバラード調の仕上がりも、グッとくるので聞いてみてほしいです。





また、紹介の曲「ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロウ」は、
幻の大波”ビッグウェンズデー”に挑むサーファーたちの青春を描く、
1978年に公開の映画「ビッグ・ウェンズデー」
(原題 : There Goes My Baby )




1994年に公開の映画「ラスト・パラダイス/熱い砂浜の戦士たち」
(原題 : There Goes My Baby )




2013年に公開された映画「フィルス」(原題 : Filth )


など、映画や番組にも使用されています。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

キャロル・キング (Carole King) [*Self-Cover]  ☜おすすめセルフカバー
レスリー・グレース (Leslie Grace)
デイブ・メイソン (Dave Mason)
ローラ・ニーロ (Laura Nyro)
ジュリス・フェルナンデス (Juris Fernandez)
ジョディ・ワトリー (Jody Watley)
ロバータ・フラック (Roberta Flack)
ローラ・ブラニガン (Laura Branigan)
ヘレン・シャピロ (Helen Shapiro)
ブライアン・フェリー (Bryan Ferry)
エイミー・ワインハウス (Amy Winehouse)
リンダ・ロンシュタット (Linda Ronstadt)
ベット・ミドラー (Bette Midler)
クラウディア・チャーチ (Claudia Church)
シェール (Cher)
ポップス・フェルナンデス (Pops Fernandez)
エミリー・クレア・バーロウ (Emilie-Claire Barlow)
ベン・E・キング (Ben E. King)
ジョン・トロペイ & アン・サリー (John Tropea & Ann Sally)
バニー・シグラー (Bunny Sigler)
ウィリー・ネルソン (Willie Nelson)
サラ・ニーミエッツ (Sara Niemietz)
フォー・シーズンズ (The Four Seasons)
ロニー・ジェイムス・ディオ (Ronnie James Dio)
レインボー (RAINBOW)
メラニー・ソフィカ (Melanie Safka)
ダナ・ヴァレリー (Dana Valery)
ジーン・クラーク (Gene Clark)
ジョディー・ミラー (Jody Miller)
モーニングサイド・ドライヴ (Morningside Drive)
アリッサ・シュワリー (Alyssa Schwary)
ジョージ・ケイブルス (George Cables)
ピーター・ホワイト (Peter White)
ポール・アスベル (Paul Asbell)
和泉宏隆 (Izumi Hirotaka)
徐蓓 (Bei Xu)
松 たか子 (Matsu Takako)
寺尾 聰 (Terao Akira)
ヌーン (noon)
タミー (Tammy)・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.12.21)