FAMOUSSONG

【S】
【女性】【グループ】【1960s】【Shuffle】【♩Med-slow】
【R&B/ソウル】【ポップ】【シネマミュージック】

Baby Love / THE SUPREMES
(ベイビー・ラブ / ザ・スプリームス)


「ベイビー・ラブ」は、米国の女性ボーカルグループ『ザ・スプリームス』が1964年にリリースしたアルバム「Where Did Our Love Go」(邦題 : 愛はどこへ行ったの)に収録された楽曲。


↑アルバム「Where Did Our Love Go


アルバム「Where Did Our Love Go」からは、「ベイビー・ラブ」を含む、全6曲ものシングルカットを生み出し、アルバムセールスは300万枚以上を記録。
米国アルバムチャートの2位を獲得しました。

中でも、キュートな楽曲「ベイビー・ラブ」は、米・英のシングルチャートで1位を獲得した大ヒットナンバー。
「ベイビー・ラブ」は、1964年に対する(第7回)グラミー賞で、
「最優秀リズム・アンド・ブルース・レコーディング賞」にノミネートされました。


コンピレーションアルバムにも度々クレジットされています。

↓おすすめコンピレーションアルバム




『ザ・スプリームス』は、リードボーカルにダイアナ・ロスを擁したしたガールズグループとしても有名ですね。
また、ビヨンセ出演の映画「ドリームガールズ 」のモデルとなったことで、ご存知の方も多いでしょう。



モータウンレコードの全盛期にあって、『ザ・スプリームス』は数々のヒット曲を連発、
女性グループのヒットスタイルを作り上げ、現在の音楽シーンに至るまで大きな影響を与えています。
また、グループとして12タイトルものチャート1位を獲得する記録を作り、
その記録は2017年現在も抜かれていません。





紹介の曲「ベイビー・ラブ」は、
1975年に公開された映画「クーリー・ハイ」(原題 : COOLEY HIGH )




ザ・フーのアルバム「四重人格」をモチーフにした青春ドラマ。スティングの映画デビュー作。1979年に公開の映画「さらば青春の光」(原題 : Quadrophenia )




1980年に公開の映画「 The Hollywood KnightsQuadrophenia




人気コメディ『フライング・ハイ』の続編。さまざまな映画のパロディも満載。月旅行専門のスペースシャトル・メイフラワー号で起こるハチャメチャな騒動を描く。
1979年に公開の映画「フライング ハイ2 危険がいっぱい月への旅 」(原題 : Airplane II: The Sequel )




ケヴィン・コスナー / イライジャ・ウッド主演。ベトナム戦争で心に傷を負った父親と、その息子との心の交流を描いた感動のヒューマンドラマ。
1994年に公開の映画「8月のメモワール」(原題 : The War )




ジョン・トラボルタ主演、ある日突然天才になってしまった男の悲喜劇を描いたヒューマンドラマ。グラミー賞3部門を受賞作品。1994年に公開の映画「フェノミナン」
(原題 : Phenomenon )




サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・デ・ニーロ、マイケル・キートン、ブリジット・フォンダなどの豪華出演陣、クエンティン・タランティーノ監督作品、
1997年に公開の映画「ジャッキー・ブラウン」(原題 : Jackie Brown )




ジュリア・ロバーツ / スーザン・サランドン主演。
離婚した夫婦と後妻の女性が織りなす交流を描いたハートフルロマンス。
1997年に公開の映画「グッドナイト・ムーン」(原題 : STEPMOM )




ジョシュ・ルーカス、ジョー: デレク・ルーク出演、ジェリー・ブラッカイマー製作。
全米初登場1位となった、米バスケットボール史に刻まれた実話を描いた感動ストーリー。2006年に公開の映画「グローリー・ロード」(原題 : Glory Road )




2012年ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門審査員特別賞を受賞した愛の官能タンゴムービー。2012年に公開の映画「タンゴ・リブレ 君を想う」(原題 : Tango libre )



など、多くの映画や番組に使用されています。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>



wrote : 〜2013
(update : 2017.12.21)