FAMOUSSONG

【S】
【女性】【バンド】【1970s】【♩Medium】
【ロック】【ポップ】【シネマミュージック】

Venus / THE SHOCKING BLUE
(ヴィーナス / ザ・ショッキング・ブルー)


「ヴィーナス」は、オランダ出身のロックバンド『ザ・ショッキング・ブルー』が1979年にリリースしたセカンドアルバム「アット・ホーム」に収録され、シングルリリースにもなった楽曲。
シングルは、米国・カナダをはじめ、多くの国で1位を獲得する大ヒットとなりました。


↑ザ・ショッキング・ブルー / アルバム「アット・ホーム」

キャッチーなギターリフから始まる「ヴィーナス」は、ヨーロッパを中心に大ヒットし、
その勢いはアメリカへと飛び火し、日本でも大ヒット。
瞬く間に世界的な大ヒットへ繋がった、『ザ・ショッキング・ブルー』を代表する有名な楽曲です。
コンピレーションアルバムにも度々クレジットされています。


↓おすすめコンピレーションアルバム



妖艶な魅力と、芯の強い歌唱の女性ボーカル、マリスカ・ヴェレスを紅一点としたバンドの
印象が強い『ザ・ショッキング・ブルー』ですが、マリスカ・ヴェレスを迎えて制作された初めてのアルバムが、紹介の「ヴィーナス」が収録されたセカンドアルバム「アット・ホーム」です。





紹介の曲「ヴィーナス」は、
デンゼル・ワシントン主演、2000年に公開された映画「タイタンズを忘れない」
(原題 : Remember the Titans )をはじめ、




何から何まで70年代のスタイルで仲良く暮らしている、ブレディ一家。だが、税金を滞納していた為に、家が競売に掛けられることになってしまい…。
1995年に公開された映画「ゆかいなブレディ一家/我が家がイチバン」
(原題 : The Brady Bunch Movie)




W・マッソー&J・レモンによる、ハートフル・コメディ第2弾。
1995年に公開された映画「ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVE LOVE日記」
(原題 : Grumpier Old Men )




10代の女の子を狙う連続殺人犯オーティスの監禁から、一人の少女が脱出に成功。家族は報復を決意し、オーティスを殺害。だが、それはオーティスの兄弟で…。トニー・クランツ監督が放つ、悲鳴と笑いのホラー・コメディ。2008年に公開された映画「ピザ男の異常な愛情」
(原題 : Otis )




プロヴァンス。そこは、人生の楽しみを教えてくれる場所。
南フランスのプロヴァンスで、頑固な祖父と過ごした3兄妹弟のひと夏の物語。
ジャン・レノ主演、2014年に公開された映画「プロヴァンスの休日」
(原題 : Avis de mistral )




ローランド・エメリッヒ監督が、1969年6月28日、N.Y.グリニッジ・ビレッジのバー「ストーンウォール・イン」で起きた暴動を基に描く、若者たちの愛と反乱の感動作。
2015年公開「ストーンウォール」(原題 : Stonewall )



など、映画や番組にも使用されています。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>



wrote : 〜2013
(update : 2017.12.21)