FAMOUSSONG

【S】
【バラード】【女性】【ソロ】【1960s】【12/8】【♩Medium】
【カントリー】【ポップ】【シネマミュージック】

The End Of The World / Skeeter Davis
(ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド / スキーター・デイヴィス)


「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」(邦題 : この世の果てまで)は、
米国の女性カントリーシンガー、スキーター・デイヴィスが1962年にリリースし、
米国チャートの2位を獲得した大ヒットシングル。
スキーター・デイヴィスを代表する1曲といえるでしょう。


↑スキーター・デイヴィス「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」

翌1963年にリリースされたアルバム「The End of the World」にも収録されました。



多くのアーティストに好まれる楽曲で、
1963年のパティ・ペイジのカバーや


↑パティ・ペイジ / アルバム「セイ・ワンダフル・シングス」





1973年にカバーされたカーペンターズなど、
沢山のアーティストにカバーされる名曲です。


↑カーペンターズ / アルバム「ナウ&ゼン」






また、紹介の曲「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」(邦題 : この世の果てまで)は、
キューバ危機に揺れるフロリダの映画館を舞台に、ノスタルジックで愛らしい青春ストーリーが繰り広げられる。1993年に公開の映画「マチネー/土曜の午後はキッスで始まる」
(原題 : Matinee )




精神病院を舞台に、思春期の揺れる少女の心を描いた、スザンナ・ケイセン原作の回想録を見事に映画化。1999年に公開、ウィノナ・ライダー主演、アンジェリーナ・ジョリー出演の映画
「17歳のカルテ」(原題 : Girl, Interrupted )




エヴァ・ガルドス監督の実体験を元に作られた真実のドラマ。政治的圧力から逃れハンガリーからアメリカへ渡った家族と、国に残された幼い少女の成長と絆を描く。
2001年に公開、スカーレット・ヨハンソン主演の映画「アメリカン・ラプソディ」
(原題 : An American Rhapsody )





神 VS 人類の最終決戦を描いたSFアクションホラー。2010年に公開された映画「レギオン」(原題 : Legion )




ウィル・スミスが実話をもとにした原作に感動し、製作&主演した感動作、
2006年に公開、ウィル・スミス主演の映画「幸せのちから」
(原題 : The Pursuit of Happyness )




格差婚カップルとその家族が巻き起こす騒動を描いたコメディドラマ。
2011年に公開された映画「ジャンピング・ザ・ブルーム ~恋と嵐と結婚式~」
(原題 : Jumping the Broom )


など、多くの映画や番組に使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

カーペンターズ (CARPENTERS)  ☜おすすめカバー
パティ・ペイジ (Patti Page)  ☜おすすめカバー
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.12.21)