FAMOUSSONG

【R】
【女性】【グループ】【1960s】【♩Medium】
【ポップ】【シネマミュージック】

Be My Baby / THE RONETTES
(ビー・マイ・ベイビー / ザ・ロネッツ)


「ビー・マイ・ベイビー」(邦題 : あたしのベビー)は、米国の女性ボーカルグループ『ザ・ロネッツ』が1963年にリリースしたシングル。
ジェフ・バリー(Jeff Barry)、エリー・グレニッチ(Ellie Greenwich)の名コンビに加え、
フィル・スペクター(Phil Spector)によって書かれた楽曲で、全米シングルチャートの2位を
記録し、大ヒット。
翌1964に発売されたアルバム「プレゼンティング・ザ・ファビュラス・ロネッツ・フィーチャリング・ヴェロニカ」(...Presenting the Fabulous Ronettes Featuring Veronica)にも収録されました。


↑アルバム「プレゼンティング・ザ・ファビュラス・ロネッツ・フィーチャリング・ヴェロニカ」

コンピレーションアルバムにもクレジットされる『ザ・ロネッツ』の代表曲の1つといえるでしょう。

↓おすすめコンピレーションアルバム


プロデュースも、鬼才と称されるフィル・スペクターによるもので、
「ビー・マイ・ベイビー」は、音を幾つも重ねて作る「ウォール・オブ・サウンド」と呼ばれる、フィル・スペクターのサウンドの代表的な作品の1つにもあげられる作品。
当時のモノラルサウンドからも十分な輝きを放つ、キャッチーなサウンドとシンプルで覚えやすいメロディを持つ名曲で、1960年代のポップスの中の最高傑作との呼び声も高い楽曲です。




紹介の曲「ビー・マイ・ベイビー」は、
ハーヴェイ・カイテル / ロバート・デ・ニーロ主演。
マーティン・スコセッシ監督がN.Y.のイタリア人街に住む若者たちの孤独、友情、挫折を描いた人間ドラマ。1973年に公開の映画「ミーン・ストリート」(原題 : Mean Streets)





60年代のヒット曲満載。60年代を舞台に、一家で避暑地を訪れた17歳の少女が経験する恋を激しくセクシーなダンスをエッセンスに描いた青春ラブ・ストーリー。
1987年に公開された映画「ダーティ・ダンシング」(原題 : Dirty Dancing)




母になりたいすべての女性たちに贈る全米No,1ハートフル・コメディ、
2008年に公開された映画 「ベイビー・ママ」


など、多くの映画や番組に使用されています。

wrote : 〜2013
(update : 2017.12.20)