FAMOUSSONG

【R】
【男性】【ソロ】【1960s】【♩Medium】
【ロック】【ポップ】【シネマミュージック】

Oh, Pretty Woman / Roy Orbison
(オー・プリティ・ウーマン / ロイ・オービソン)


「オー・プリティ・ウーマン」は、米国のシンガーソングライターであるロイ・オービソンが1964年にシングルリリースした楽曲。
全米・全英で1位。ほか多くの国でも1位を獲得し、大ヒットしたナンバー。
翌1995年、「オー・プリティ・ウーマン」の大ヒットを期に制作されたコンピレーションアルバム「オービソングズ」(ORBISONGS )にも収録されました。


↑アルバム「オービソングズ」(ORBISONGS )



1980年代には、米国のロックバンド「ヴァン・ヘイレン」がカバー。
1982年に発売されたアルバム「ダイヴァー・ダウン」(Diver Down)の先行シングルとしてリリースされ、全米チャートの12位(メインストリーム・ロック・チャートの1位)を獲得しました。


↑アルバム「ダイヴァー・ダウン」(Diver Down)




また、オリジナルのロイ・オービソンのバージョンは、
1990年に大ヒットした、リチャード・ギアとジュリア・ロバーツ主演の映画
「プリティ・ウーマン」の主題歌となり、再び脚光を浴びることとなりました。
この映画から紹介の曲をご存知の方は多いと思います。


↑映画「プリティ・ウーマン」



映画の大ヒットもあり、オリジナルのロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」は、1990年に対する(第33回)グラミー賞で「最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞」を受賞。
名実、共にロイ・オービソンの代表曲となったと言えるでしょう。
リバイバルヒットをもたらし、ボン・ジョヴィなどもライヴでカバーするなど、多くの世代に認知される楽曲と言えます。


心筋梗塞により、52歳という若さで亡くなったロイ・オービソンですが、
ヒット曲も多く、ロックの殿堂入りをするなど、音楽誌の偉大なるシンガーやアーティストにも名を連ねています。


↑ロイ・オービソン





紹介の曲「オー・プリティ・ウーマン」は、映画「プリティ・ウーマン」のほかにも、
ハリウッドきってのコメディメーカー、ジョン・ヒューズ監督によるラブコメディ。
モテない高校生・ゲイリーとワイアットがパソコンに理想の女性のデータをインプットするとその女性が飛び出して来て…。1985年に公開された映画「ときめきサイエンス」(原題 : Weird Science )




リバー・フェニックス主演の青春ドラマ。人生の岐路に立った17歳の少年の葛藤と成長を描いた青春メモリアル作品。1988年に公開された映画「旅立ちの時」(原題 : Running on Empty )




ジム・キャリー主演の大ヒットコメディ!変態でおバカな2人組が繰り広げる大爆笑“珍道中”を描く。1994年に公開された映画「ジム・キャリーはMr.ダマー」(原題 : Dumb and Dumber )




アンソニー・ホプキンス / クリス・ロック主演。核爆弾爆発の危機を救うためコンビを組んだベテラン捜査官と、楽天家のにわか捜査官の友情と活躍を描いたアクション・ムービー。
2002年に公開された映画「9デイズ」(原題 : Bad Company )




ラブコメ パロって“エロおかしい。
2006年に公開された映画「最'愛'絶叫計画」(原題 : Date Movie )




イケメンゾンビが世界を救うゾンビ・ラブコメディ、全米初登場1位の作品、
2013年に公開された映画「ウォーム・ボディーズ」(原題 : Warm Bodies )



など、多くの映画や番組に使用されています。





【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

ヴァン・ヘイレン (Van Halen)
・・・他

wrote : 2016.9.22
(update : 2017.12.20)