FAMOUSSONG

【R】
【バラード】【男性】【ソロ】【1980s】【♩Med-slow】
【ロック】【ポップ】【シネマミュージック】

Right Here Waiting / Richard Marx
(ライト・ヒア・ウェイティング / リチャード・マークス)


「ライト・ヒア・ウェイティング」は、米国の男性シンガーソングライター、
リチャード・マークスが1989年にリリースしたセカンドアルバム「リピート・オフェンダー」(REPEAT OFFENDER)に収録された楽曲。
アルバムからシングルカットされたバラードで、米国だけでミリオンセールスを記録。
米国やカナダ、オーストラリアなどでシングルチャートで1位を獲得しました。

セカンドアルバム「リピート・オフェンダー」は500万枚以上のセールスを記録、
米国アルバムチャートの1位を獲得。
デビューアルバムにして400万枚を売り上げたファーストアルバム「RICHARD MARX」の
勢いをそのままに、リチャード・マークスの全盛期を作ったアルバムといえるでしょう。


↑アルバム「リピート・オフェンダー」(REPEAT OFFENDER)


紹介の曲「ライト・ヒア・ウェイティング」は、エッジの効いたワイルドでセクシーなリチャード・マークスの声が、アコースティックなバラードをドラマティックに引き立てています。
コンピレーションアルバムにも収録される楽曲です。

↓おすすめコンピレーションアルバム



リチャード・マークスは、10代の頃のデモテープがきっかけとなり、
ライオネル・リッチーに見いだされ、バックコーラスなどを務めた後、1987年にデビュー。
1990年代にかけて大ブレイクを果たしたシンガーソングライターです。



2012年に公開された映画「Good Deeds」など、
番組やドラマにも使用されるバラードです。



wrote : 2014.4.28
(update : 2017.12.20)