FAMOUSSONG

【M】
【バラード】【女性】【ソロ】【1970s】【♩Slow】
【ポップ】【シネマミュージック】

Lovin' You / Minnie Riperton
(ラヴィン・ユー / ミニー・リパートン)


「ラヴィン・ユー」は、米国の女性アーティストであるミニー・リパートンが1974年にリリースしたアルバム「パーフェクト・エンジェル」(Perfect Angel )に収録されたバラード。

「ラヴィン・ユー」は、翌1975年にはシングルカットとなり、
英国シングルチャートの2位、米国では1位を記録、
多くの国でチャート上位を獲得するヒットとなりました。


↑アルバム「パーフェクト・エンジェル」

紹介の曲「ラヴィン・ユー」では、のちにマライア・キャリーの楽曲でも多く聞くことができるフラジオレット・ボイスが使われていね印象的な楽曲。
歌い手の名前を知らなくとも、歌いだしのメロディやサビのメロディを聞けば、聞き覚えのある人も多い楽曲でしょう。
ミニー・リパートンを代表する楽曲で、コンピレーションアルバムにも収録されています。

↓おすすめコンピレーションアルバム



女性の最高音となる特徴的な超高音「フラジオレット・ボイス(ホイッスル・ボイス)」。
フラジオレットにはコツが必要ですが、その他はポップで歌いやすい楽曲なので、
その練習にはおすすめな楽曲です。



紹介の曲「ラヴィン・ユー」は、
テリー・マクミランのベストセラー小説を映画化、ホイットニー・ヒューストン主演、アレサ・フランクリン、チャカ・カーンなど大物アーティストの音楽が作品を彩るロマンティック・コメディ、1995年に公開された映画「ため息つかせて」(原題 : Waiting to Exhale )




彼女のハートをつかむべく、遺伝子組み替え実験の末、やせる薬を開発した肥満体の教授が巻き起こす騒動を描いた、エディ・マーフィーが一人7役を演じた爆笑コメディ。
1996年に公開の映画「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」(原題 : The Nutty Professor )




自動車事故がきっかけで、人間の悪夢で作られた闇の世界“ダーク・タウン”に迷い込んでしまった人気アニメーターのてん末を描いたSFファンタジー、
2001年公開の映画「モンキーボーン」(原題 : Monkeybone )




事件に巻き込まれて妻を殺された男が壮大な罠を仕掛け、妻の無念を晴らす復讐劇を描いたサスペンス・ムービー、2002年に公開された映画「ソルトン・シー」(原題 : The Salton Sea )




USAのコメディキング、セドリック・ジ・エンターテイナーの笑作。史上最強ヘンテコ一家が史上最笑のバケーションに出発~~~~! ドドドどーなることやら~!! 2004年に公開された映画「ジョンソン一家のババババケーション」(原題 : Johnson Family Vacation )




大ヒットラブコメ映画「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズの第二弾、
2004年に公開の映画「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」
(原題 : Bridget Jones: The Edge of Reason )




ディズニー配給、動物園の人気者、子ライオンの「ライアン」を取り戻すため、父・サムソンと仲間たちが大都会ニューヨークからジャングルへ大冒険を繰り広げる、愛と勇気の感動アドベンチャー。2006年に公開の映画「ライアンを探せ!」(原題 : The Wild )




全米初登場2位、アイス・キューブ主演で贈るハートウォーミングコメディ。
2008年に公開の映画「悪党にもラブソングを!」(原題 : First Sunday )




過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きるウィル・スミス演ずるベン・トーマス。
その過去と折り合いをつけるべく、自分の選んだ7人へ“贈り物”を渡す計画を立てる…。ウィル・スミス主演で贈る感動作品。2008年に公開の映画「7つの贈り物」(原題 : Seven Pounds )




アクションと笑いが満載のドリームワークス製作の3DCGアニメーションムービー。
世界最高の頭脳を持つ悪役メガマインドは、ついに宿敵のヒーロー、メトロマンを倒す。しかし正義のヒーローがいなければ、自分の生きる意味はないことに気づき…。
2010年に公開の映画「メガマインド」(原題 : Megamind )




エフティミス・フィリップが脚本を手掛けたコメディ。
クルージングを楽しんでいた中年男性6人組は、誰がストロングマン(最高の男)か決めるゲームをすることに。‘ズボンのベルトの位置’、‘コレステロール値’から‘料理の知識’まで一挙一動をお互いに評価し、冗談半分から次第にムキになり…。
2015年に公開の映画「ストロングマン 最低男の男気大決戦!! 」(原題 : Chevalier )



などなど、多くの映画や番組に使用されています。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

タック・アンド・パティ (Tuck & Patti)

wrote : 〜2013
(update : 2017.12.10)