FAMOUSSONG

【M】
【男性】【バンド】【1980s】【♩Med-slow】【♩Medium】
【ロック】【シネマミュージック】

Battery / METALLICA
(バッテリー / メタリカ)


「バッテリー」は、米国のロックバンド『メタリカ』が1986年にリリースしたアルバム
「メタル・マスター」(英題 : Master of Puppets)の1曲目を飾る攻撃的なナンバー。
アコースティックなイントロから爆発的に大きくサウンドが転回します。


↑アルバム「メタル・マスター」(英題 : Master of Puppets)


『メタリカ』は、メタルバンドでありながらチャート1位を連発するロック界のカリスマバンド。
紹介の曲「バッテリー」が収録されたアルバム「メタル・マスター」は、その大ブレイクへの布石になったとも言えるアルバムといえるでしょう。
ロックシーンに驚きを与えたアルバムであり、
スラッシュ・メタルの代表すべきアルバム、お手本の1つとして上げられるような作品です。


一般に、「スラッシュメタル」と称されるメタルロックは、ヘヴィメタルを基盤とした激しく重いサウンドに、より一層の重さや速さ、攻撃性を求めたコアなサウンド。
そんなマニアックとも言うべきサウンドを、メタリカはメジャーシーンへと押し上げた先駆者であり、「スラッシュメタル界の雄」とも称されることもあるバンドです。

しかし、そんなコアな音楽性ではありますが、
歌詞の内容は、世の中や聞き手に問いかけるメッセージが強く織り込まれている事が多く、
グラミー賞を度々受賞するなど、メタルというコアなジャンルにいながら、現在までに世界で1億枚ものセールスを上げるカリスマバンド。
一般のファンはもちろん、アーティストの中でも根強いファンも多いバンドです。
その音楽的な影響も大きく、昨今のミクスチャーにまで及ぶものとなっています。


また、紹介の曲「バッテリー」が収録されたアルバム「メタル・マスター」は、メタリカの初期メンバーであり、若くして事故死してしまった伝説のベーシスト、クリフ・バートン在籍時の最後のアルバムでもあります。


↑クリフ・バートン(Cliff Burton)




紹介の曲「バッテリー」は、
映画への楽曲使用を滅多に許可しないヘヴィメタル・バンド“メタリカ"が、この映画を全面的に支持したと言われ、また、ナタリー・ポートマン / ジョセフ・ゴードン=レヴィットら、トップ・スターたちが出演を熱望したことでも話題となった、2010年に公開された映画「メタルヘッド」(原題 : Hesher )




有名になりたいと願う名もなき3人の高校生の暴走を描いた、トッド・フィリップス監督の爆笑コメディ、2012年に公開された映画「プロジェクトX」(原題 : Project X )




アーロン・ポール / ジュリエット・ルイス / ジョッシュ・ウィッジンズ出演、
2014年に公開された映画「Hellion




音楽ゲームソフト「Rock Band 2



など、映画やゲームなどにも使用されています。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>



wrote : 〜2013
(update : 2017.12.8)