FAMOUSSONG

【L】
【男性】【ソロ】【1950s】【♩Fast】
【R&B/ソウル】【ロック】【ポップ】【シネマミュージック】

Tutti Frutti / Little Richard
(トゥッティ・フルッティ / リトル・リチャード)


「トゥッティ・フルッティ」は、リトル・リチャードによって1955年にリリースされ、
一躍、彼の名を知らしめた大ヒットナンバー。
出だしのスキャットは有名すぎるフレーズで、聞き覚えのある人も多いと思います。
映画や番組の挿入歌はもちろん、ジングル的にも使用されることも多いですね。


↑リトル・リチャード


リトル・リチャードは、チャック・ベリーと共に
ロックン・ロールのパイオニア的存在の1人とも言われるアーティストで
「キング・オブ・ロックンロール」などと言われることもあります。
音楽誌の選ぶ、偉大なアーティストにもチャートされ、
彼から影響を受けたアーティストは数多く、後世の音楽界に多大な影響を与えたアーティストの1人といえるでしょう。

リトル・リチャードと聞くと、個人的にはアグレッシヴにピアノを弾き、
リトル・リチャードの特徴でもあるシャウトする姿とパワフルな歌唱が印象に残っています。
当時のシーンにおいては、かなり斬新で刺激的なものだったと思われます。


また紹介の、「トゥッティ・フルッティ」は、1988年公開のトム・クルーズ主演の映画「Cocktail」(邦題 : カクテル)にも挿入歌として使用されたことも有名です。


↑映画「カクテル」


他にも、
1986年の映画「Down and Out in Beverly Hills」(邦題 : マビバリーヒルズ・バム)


1988年の映画「Hot to Trot」(邦題 : マネーゲームで大逆転/しゃべった!走った!もうかった!)


1995年の映画「It Takes Two」(邦題 : ひとりっ娘2)



など、映画や番組に使用されています。


wrote : 〜2013
(update : 2017.12.3)