FAMOUSSONG

【L】【S】
【バラード】【女性】【ソロ】【1990s】【♩Med-slow】
【R&B/ソウル】【ヒップホップ】

To Zion / Lauryn Hill (feat. Carlos Santana)
(トゥ・ザイオン / ローリン・ヒル feat. カルロス・サンタナ)


女優としてデビュー後、ヒップホップグループ「ザ・フージーズ」 (The Fugees)として
歌手デビューしたローリン・ヒル。


↑ヒップホップグループ「ザ・フージーズ」


フージーズとしてグラミー賞を獲得するなど成功をおさめた彼女は、その後、ソロとしても活動をスタート。
音楽性やファッション性など、女性からの共感も高く、女性クラブシンガーなどにも人気を得たアーティストです。



紹介の曲「トゥ・ザイオン」は、ローリン・ヒルがソロとして、
1998年にリリースしたソロデビューアルバム「ミスエデュケーション」(The Miseducation of Lauryn Hill )に収録された楽曲。


↑アルバム「ミスエデュケーション」


彼女の愛息子であるザイオンへの愛、想いを歌った曲で、
ギタリストとしてカルロス・サンタナ(Carlos Santana)がフューチャリングされています。


↑カルロス・サンタナ(Carlos Santana)

アルバム「ミスエデュケーション」は、1,900万枚ものビッグセールスを上げ、
米国チャートやカナダチャートで1位を獲得するなど、
多くの国でチャート上位にランキングされるヒットとなりました。
日本でもミリオンセラーを記録しています。

また、第41回(1998年)グラミー賞の11部門にノミネートされ、
主要部門の「最優秀アルバム賞」と「最優秀新人賞」を含む、5部門を受賞する快挙となりました。





【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>



wrote : 〜2013
(update : 2017.12.2)