FAMOUSSONG

【J】【W】
【バラード】【女性】【ソロ】【2000s (Origin:1960s)】【♩Med-slow】
【カントリー】【R&B/ソウル】

The Chokin' Kind / Joss Stone (Origin : Waylon Jennings)
(ザ・チョーキン・カインド / ジョス・ストーン)


「ザ・チョーキン・カインド」は、1967年にウェイロン・ジェニングスによってリリースされたカントリーナンバー。米国ビルボード・カントリーチャートの8位を獲得しました。


↑ウェイロン・ジェニングス(Waylon Jennings)



1969年にジョー・サイモンがソウルナンバーへとアレンジしリリース。
米国ビルボード・ポップチャートの13位、R&Bチャートで1位を獲得する大ヒットとなりました。


↑ジョー・サイモン(Joe Simon)




そして、ピックアップしたジョス・ストーンのバージョンは、
ジョス・ストーンのデビューアルバム「ザ・ソウル・セッションズ」(The Soul Sessions)で
カバーされ収録されました。
ジョー・サイモンのソウルアレンジをベースに、より一層ブラッシュアップされ、
アルバムの一曲目を飾るエモーショナルなソウルナンバーに仕上がっています。


↑ジョス・ストーン(Joss Stone)


ジョス・ストーンは、イギリス出身の女性R&Bシンガー。
本国イギリスBBCのTVコンテスト「Star for a Night」に出演し、弱冠13歳とは思えない歌唱を披露し優勝。その才能の片鱗を感じさせました。
満を持して、2003年16歳でデビュー。
紹介の曲が収録されたアルバム「ザ・ソウル・セッションズ」は、
デビューアルバムにして500万枚をこえるセールスをあげる大ヒットとなり、
グラミー賞の3部門にノミネートされました。
しかも、このデビュー作は16歳にして、60〜70年代のソウルナンバーのカバーアルバム
というのだから、なお驚きです。

オリジナルアルバムの制作過程において歌唱したカバー曲の出来が素晴らしい為に、
カバーアルバムをデビュー作としてリリースすることとなったといいます。
そんな所以を聞いても、彼女の持つスキルやポテンシャルの高さを感じさせてくれますね。


何はともあれ、紹介の「ザ・チョーキン・カインド」。
アルバム「ザ・ソウル・セッションズ」の、まだ16歳と思えぬ、
ジョス・ストーンのエモーショナルな歌唱を、ぜひ聴いてみて下さい。


↑アルバム「ザ・ソウル・セッションズ」

実力派を目指す皆さんには、タメになるお薦めの1枚です。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

ウェイロン・ジェニングス (Waylon Jennings() [*Origin]
ジョー・サイモン (Joe Simon)
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.11.30)