FAMOUSSONG

【J】【Y】
【バラード】【デュエット】【1970s】【♩Med-slow】
【ホリデー/クリスマスソング】【ポップ】【シネマミュージック】

Happy Christmas (war is over) / John & Yoko THE PLASTIC ONO BAND
with the Harlem Community Choir

(ハッピー・クリスマス(ウォー・イズ・オーヴァー) / ジョン & ヨーコ ザ・プラスティックオノ・バンド
with ザ・ハーレム・コミュニティ・クワイア)



「ハッピー・クリスマス(ウォー・イズ・オーヴァー) 」は、
ジョン・レノンと、妻であるオノ・ヨーコさんがリリースしたクリスマスソング。
1971年に「JOHN & YOKO / THE PLASTIC ONO BAND with the Harlem Community Choir」の名前でシングルリリースされました。


↑シングル「ハッピー・クリスマス(ウォー・イズ・オーヴァー) 」


今では、クリスマスソングのスタンダードナンバーの1つとなり、
多くのアーティストにカバーされる、有名な楽曲となりました。

「戦争は終わった」(war is over) というサブタイトルから分かるように、
争いはやめて、みんなで聖なるクリスマスを祝おうと、
世界平和を祈ったピースソングであり、世界中に送った強いメッセージソングとなっていますこの歌を聞いて、ジョンとヨーコのメッセージを感じてもらえたらと思います。

1975年にリリースのコンピレーションアルバム「シェイヴド・フィッシュ」をはじめ、

↑アルバム「シェイヴド・フィッシュ」


1982年の「The John Lennon Collection」、

↑アルバム「ザ・ジョン・レノン・コレクション」



1997年の「Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon」、

↑アルバム「レノン・レジェンド ― ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ジョン・レノン」



最近では2014年にリリースされたアルバム「Icon」などなど、

↑アルバム「Icon」

ジョン・レノンのコンピレーションアルバムにも度々クレジットされる、代表曲のひとつといえるでしょう。

クリスマスには、ぜひ耳にしてほしいですね。


「ハッピー・クリスマス(ウォー・イズ・オーヴァー) 」は、
ジョン・レノンの少年時代からビートルズの結成・解散、そして衝撃の事件。
秘蔵映像をもとにジョン・レノンを追うドキュメンタリー作、
1988年に公開された映画「イマジン/ジョン・レノン」(原題 : Imagine: John Lennon )




ジョン・レノンの平和主義者としての側面に迫るドキュメンタリー、
2006年に公開された映画「PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン」
(原題 : The U.S. vs. John Lennon )


など、映画や番組にも使用されています。

wrote : 〜2013
(update : 2017.11.27)