FAMOUSSONG

【G】
【バラード】【男性】【バンド】【1980s】【♩Slow】
【ロック】【シネマミュージック】

PATIENCE / GUNS N’ ROSES
(ペイシェンス / ガンズ・アンド・ローゼス)


「ペイシェンス」は、1988年に発売され米国だけで500万枚以上のセールスをあげた、米国のロックバンド『ガンズ・アンド・ローゼス』のアルバム「ガンズ・アンド・ローゼス・ライズ」(G N' R Lies)に収録された、口笛のイントロが印象的なバラード。
翌年にはシングルカットもされた『ガンズ・アンド・ローゼス』初期のヒットバラードです。

ボーカルのアクセル・ローズ(Axl Rose)を筆頭に、
ギターのスラッシュ(Slash)。
イジー・ストラドリン(Izzy Stradlin)
ベースのダフ・マッケイガン(Duff McKagan)
ドラムにスティーヴン・アドラー(Steven Adler)といった、
存在感溢れるスター性を持った初期メンバー在籍時にリリースされた数少ないアルバムの1枚です。


↑アルバム「ガンズ・アンド・ローゼス・ライズ」


アクセル・ローズの口笛から、前半は語るように淡々と進むバラードですが、
抑えた感情が吹き出すかのような、4分過ぎの転調部からの熱量の多い高域ミックスボイスを使った歌唱はアクセル・ローズの特徴でもあり、「ペイシェンス」のボーカルパートの見せ所といえるでしょう。
アクセル・ローズの声質やボーカルスタイルを活かし、低音から超高音までを使った音域の広い楽曲です。

アクセル・ローズのようなハイトーンに憧れる一般のボーカリスト全般に言える事ですが、
高音だけでなく、ハイトーン以外の声の魅力や歌唱の説得力の違いを感じて、磨いていけるようにしましょう。



紹介の曲「ペイシェンス」は、
巨匠マーティン・スコセッシ監督作品、ロバート・デ・ニーロ / ニック・ノルティ / ジュリエット・ルイス出演のサイコスリラー、
1991年に公開された映画「ケープ・フィアー」(原題 : Cape Fear )




イケメンゾンビが世界を救うゾンビ・ラブコメディ、全米初登場1位の作品、
2013年に公開された映画「ウォーム・ボディーズ」(原題 : Warm Bodies )


など、映画や番組に使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

ジョン・コラビ / トレイシー・ガンズ & ギルビー・クラーク (Fred Coury・Tracii Guns・Gilby Clarke)
上杉昇 (Wesugi Show)
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.11.23)