FAMOUSSONG

【G】
【バラード】【男性】【ソロ】【1970s】【♩Med-slow】
【R&B/ソウル】【シネマミュージック】

It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday / G.C.Cameron
(イッツ・ソー・ハード・トゥ・セイ・グッドバイ・トゥ・イエスタデイ /  G.C.キャメロン)


「イッツ・ソー・ハード・トゥ・セイ・グッドバイ・トゥ・イエスタデイ」は、
6つの声を持つと称されたソウル・R&Bシンガー「G.C.キャメロン」こと、
ジョージ・カーティス・キャメロンが1975年にリリースしヒットさせた名バラード。


↑G.C.キャメロン


G.C.キャメロンといえば、スピナーズ(The Spinners)に在籍したことでも知られ、
2003年にはテンプテーションズ(The Temptations)にも加入したことで、ご存知な方も多いのではないでしょうか。

紹介の曲「イッツ・ソー・ハード・トゥ・セイ・グッドバイ・トゥ・イエスタデイ」は、
そんな、G.C.キャメロンがスビナーズ脱退後の1975年にソロとしてリリースした曲。
1975年に公開された映画「クーリー・ハイ」(原題 : COOLEY HIGH )で使用されました。


↑映画「クーリー・ハイ」
 

ハモンドオルガンの切ない揺らぎ、
悲しきバッキングピアノの叙情、レクイエムを感じさせるホーンセクション、
そして優しく包み込む様に、エモーショナルにソウルフルに高まるG.C.キャメロンの歌唱が切ない名曲ですね。




1991年には「ボーイズ・II・メン」(Boyz II Men)がカバーし、
R&Bチャートで1位を獲得する大ヒットとなり、「イッツ・ソー・ハード・トゥ・セイ・グッドバイ・トゥ・イエスタデイ」を見事リバイバルさせました。


↑ボーイズ・II・メン


こちらはアカペラで歌われており、ボーカルグループの魅力を生かしたコーラスワークが美しいバージョンです。
本家G.C.キャメロンのバージョンも、リバイバルさせたボーイズ・II・メンのバージョンも、
どちらも魅力的で良いバラードに仕上がってますので、ぜひ聞き比べておきましょう。





また紹介の曲「イッツ・ソー・ハード・トゥ・セイ・グッドバイ・トゥ・イエスタデイ」は、
映画「クーリー・ハイ」のほかにも
1991年に公開された映画「ハウス・パーティ 2」




メル・ギブソン / ダニー・グローバー出演のアクションムービー、
1992年に公開された映画「リーサル・ウェポン3」(原題 : Lethal Weapon 3 )




キューバ・グッディング・Jr.と歌手のビヨンセ・ノウルズが出演、
2003年に公開された映画「ファイティング・テンプテーションズ」(原題 : The Fighting Temptations )




全米大ヒットの超おバカムービー、
2006年に公開された映画「最凶赤ちゃん計画」(原題 : Littleman )


など、映画や番組に使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

ボーイズ・II・メン (Boyz II Men)  ☜おすすめカバー
ジェイソン・ムラーズ (Jason Mraz)・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.11.20)