FAMOUSSONG

【E】
【バラード】【女性】【ソロ】【2010s】【♩Slow】
【R&B/ソウル】【シネマミュージック】

Clown / Emeli Sandé
(クラウン / エミリー・サンデー)


「クラウン」は、エミリー・サンデーが2012年にリリースしたデビューアルバム
Our Version of Events」(邦題 : エミリー・サンデー)に収録されたバラード。
翌2013年にシングルカットリリースされ、UKシングルチャートの4位、母国スコットランドでは3位を記録するヒットとなりました。


↑アルバム「Our Version of Events


自分の夢を叶える為、まわりからは滑稽に見えるであろう行いや、無様な姿を笑われても、
夢を貫く強い気持ちを描いた実体験、そんな自分の姿をピエロ(Clown)に例えた歌です。

同じ境遇であったり共感出来る夢を持った人ならばグッときますね。
音楽というのは周りの偏見も多いですよね。
だけどそれがスポーツだったりすると周りからは共感してもらえたり、サポートしてもらえたりする。
音楽に対して同じように、もしくはそれ以上に情熱と気持ちを持っていたとしても。
そんな、気持ちの叫びだと思って聞いてみて下さい。

また女子は、どうしても恋心や愛情においての歌詞が中心であること、
とくにバラードにおいては男女問わず絶対的にそういうテーマが多くなるのですが、
夢をテーマにどっぷりと歌うエミリー・サンデーの「クラウン」は、じつに男前でかっこいいですね。
愛情も、ときに夢と重なる部分もありますから、結局、本気で夢も恋も頑張った経験のある人すべてに共感出来る名曲といえるのではないでしょうか。

アルバム「Our Version of Events」は、母国スコットランドはもちろん、
UKチャートでも1位を獲得。
デビューアルバムにして多くの国で上位にチャートインするヒットとなりました。

デビューアルバム「Our Version of Events」はもちろん良いアルバムですが、
彼女の高いスキルを感じられるライヴアルバム「ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール」(LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL)もおすすめです。


↑ライヴアルバム「ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール」

 


ライヴアルバムが発売出来て、尚、そのクオリティが高いということは、アーティストのスキルが高い証拠ですね。



また、紹介の曲「クラウン」は、
2013年に公開の映画「Not Another Happy Ending



など、映画や番組にも使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>



wrote : 2016.10.19
(update : 2017.11.14)