FAMOUSSONG

【D】
【バラード】【男性】【バンド】【1980s】【♩Slow】
【ロック】

Love Bites / DEF LEPPARD
(ラヴ・バイツ / デフ・レパード)


「ラヴ・バイツ」は、英国のロックバンド『デフ・レパード』が1987年にリリースしたアルバム「ヒステリア」(Hysteria)に収録されたバラード。
『デフ・レパード』のボーカル、ジョー・エリオット(Joe Elliott )の、
ハイトーンボイスが印象的な有名なロックバラードです。


↑アルバム「ヒステリア」

 

「ラヴ・バイツ」は、翌1988年にシングルカットリリースされ、
米国ビルボード・シングルチャート、及びカナダチャートと共に1位を獲得。
コンピレーションアルバムにもクレジットされています。

↓おすすめコンピレーションアルバム




アルバム「ヒステリア」は、紹介の「ラヴ・バイツ」を含む全7曲がシングルカットとなり、米国だけで1,100万枚、トータルセールスは2,000万枚以上というギネス級の売り上げを記録。

アルバム「ヒステリア」 は、『デフ・レパード』が大ブレイクを果たし、
世界的なバンドへと押し上げるきっかけとなったアルバムといえるでしょう。

しかしながら、その軌跡は決して易しくはなく、
ドラムスのリック・アレンの左腕の切断事故や、
ギターのスティーヴ・クラークの死などを乗り越えてきた不死鳥バンドです。
リック・アレンは現在もデフレパードで、片腕にて活躍。
その姿からは、諦めない心や負けない勇気を学ぶことができますね。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

レイチェル・ローリン (Rachel Lorin)
ザ・サイド・プロジェクト (The Side Project)
ツインザー (TWINZER)
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.11.12)