FAMOUSSONG

【C】【R】
【バラード】【女性】【ソロ】【1970s】【♩Slow】
【ポップ】【シネマミュージック】

I've Never Been To Me / Charlene (Origin : Randy Crawford)
(アイヴ・ネヴァー・ビーン・トゥ・ミー / シャーリーン)


「アイヴ・ネヴァー・ビーン・トゥ・ミー」(邦題 : 愛はかげろうのように)は、
1976年にリリースされたランディ・クロフォードのアルバム「Everything Must Change」に収録されたバラードです。


↑ランディ・クロフォード / アルバム「Everything Must Change





翌1977年には、シャーリーンがアルバム「Songs of Love and Charlene」の中でカバー、
のちにシングルリリースとなった楽曲です。


↑シャーリーン (Charlene)


シャーリーンのバージョンは1977年のリリース時においてはヒットしませんでしたが、
最初のシングルリリースから5年ほど経った1982年、
ラジオ局で放送されたことをきっかけに反響を呼び、米国ビルボードチャートで3位、
イギリスをはじめカナダやでも1位を獲得。
オーストラリアでは6週連続で1位を記録するなど、世界的なブレイクとなり、
シャーリーンのバージョンは、一般的に有名なバージョンとなりました。


オリジナルのランディ・クロフォードのバージョンは、ソウルフルでブラックなノリが聞ける玄人なナンバーとなっています。
また、シャーリーンのバージョンは、とっつきやすいポップなグルーヴの仕上がりとなっている、一般に周知されているバージョンです。
ともに、聞き比べておきしょう。




「アイヴ・ネヴァー・ビーン・トゥ・ミー」(邦題 : 愛はかげろうのように)は、
テレンス・スタンプ / ヒューゴ・ウィービング / ガイ・ピアース出演の傑作コメディ、
1994年に公開された映画「プリシラ」




2001年に公開された映画「ミー・ウィズアウト・ユー」



など、映画や番組にも使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

ランディ・クロフォード (Randy Crawford) [*Origin]  ☜おすすめ
メアリー・ウェルズ (Mary Wells)
ナンシー・ウィルソン (Nancy Wilson)
フリーダ・ペイン (Freda Payne)
ウォルター・ジャクソン (Walter Jackson)
パトリシア・パーイ (Patricia Paay)
メアリー・マクレガー (Mary MacGregor)
ラッチェル・スプリング (Rachelle Spring)
テンプテーションズ (The Temptations)
ストックホルム・ジャズ・セット (Stockholm Jazz Set)
ハワード・キール (Howard Keel)
ローナ・キャメロン (Rhona Cameron)
エスエイチイー (S.H.E)
デヴィッド・プランプトン (David Plumpton)
ボビー・クラッシュ (Bobby Crush)
アントニオ・モリナ・ガレリオ (Antonio Morina Gallerio)
ロニー・オルドリッチ (Ronnie Aldrich)
江部賢一 (Kennichi Ebe)
とも奈 (Tomona)
テレサ・テン (Teresa Teng)
小柳ゆき (Koyanagi Yuki)
椎名恵 (Shiina Megumi)
岩崎宏美 (Iwasaki Hiromi)
小林明子 (Kobayashi Akiko)
五條真由美 (Gojo Mayumi)
新妻聖子 (Niizuma Seiko)
ヌーン (noon)
ミィム (MiM)
キモット (Kimotto)
ボーイ・ミーツ・ガール (Boy Meets Girl)
アトリエ・ボッサ・コンシャス (Atelier Bossa-Conscious)
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.11.8)