FAMOUSSONG

【C】
【男性】【ソロ】【1970s】【♩Med-slow】
【フォーク】【ロック】【シネマミュージック】

Wild World / Cat Stevens
(ワイルド・ワールド / キャット・スティーヴンス)


「ワイルド・ワールド 」は、英国のシンガーソングライター、キャット・スティーヴンスが1970年にシングルリリースした楽曲。


↑キャット・スティーヴンス(Cat Stevens)


「ワイルド・ワールド 」は、米国シングルチャートの11位を獲得するヒットとなり、
同年に発売されたアルバム「ティー・フォー・ザ・ティラーマン」にも収録されました。
コンピレーションアルバムにも収録される、キャット・スティーヴンス代表曲の1つだといえるでしょう。


↑アルバム「ティー・フォー・ザ・ティラーマン」(Tea for the Tillerman)

キャット・スティーヴンスは、1970年代に活躍したシンガーソングライターですが、
紹介の「ワイルド・ワールド」が収録されたアルバム「ティー・フォー・ザ・ティラーマン」が米国アルバムチャートの8位となり、その活躍のきっかけとなったアルバムといえます。



また、紹介の「ワイルド・ワールド」は、
セールスを上げた主なカバーとして、1970年のジミー・クリフ(Jimmy Cliff )、

↑ジミー・クリフのシングル





1987年にはマキシ・プリースト(Maxi Priest )と、


↑マキシ・プリーストのアルバム「Maxi」



レゲエアーティストによるアレンジのカバーが有名な楽曲ですが、


1993年にはロックバンドの「ミスター・ビッグ」(MR.BIG )がカバー。
ロックアレンジで聞き応えあるバージョンを作っており、ロック系が好きな人はこちらを参考にするとよいでしょう。。


↑ミスター・ビッグのアルバム「バンプ・アヘッド」(Bump Ahead)






紹介の曲「ワイルド・ワールド 」は、
イギリスが行っていた「児童移民」の実態と悲劇を描いた感動の実話、
2010年に公開された映画「オレンジと太陽」(原題 : Oranges and Sunshine )




メラニー・ロラン主演、
2011年に公開された映画「突然、みんなが恋しくて」
(原題 : Et soudain tout le monde me manque )




ビル・マーレイ / ブルース・ウィリス / ケイト・ハドソン / ゾーイ・デシャネル出演、
2015年に公開された映画「ロック・ザ・カスバ!」(原題 : Rock the Kasbah )



など、映画や番組にも使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

ジミー・クリフ (Jimmy Cliff)
王若琳 (Joanna Wang)
リーム・リューバニ (Leem Lubany)
マキシ・プリースト (Maxi Priest)
ミスター・ビッグ (MR.BIG)  ☜おすすめカバー
フィリップ・セス・アコースティック・トリオ feat. ケリー・サエ
(Philippe Saisse Trio feat.Kelli Sae)
ロッカメンコ (Rockamenco) トロイ・フェルナンデス (Troy Fernandez) 〜Ukulele Inst
アンダー・カバーラバー (Under Cover Lover)
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.11.7)