FAMOUSSONG

【B】
【バラード】【男性】【ソロ】【2000s】【♩Slow】
【R&B/ソウル】【シネマミュージック】

Win / Brian McKnight
(ウィン / ブライアン・マックナイト)


「ウィン」は、2000年に公開されたロバート・デ・ニーロとキューバ・グッディング・ジュニアが主演の映画「ザ・ダイバー」(原題 : Men of Honor )のために、ブライアン・マックナイトとブランドン・バーンズ(Brandon Barnes)によって書かれた楽曲で、映画のエンディングテーマとなったバラードです。


↑映画「ザ・ダイバー」(原題 : Men of Honor )



ブライアン・マックナイトによって歌われた「ウィン」は、同映画のサウンドトラックに収録され、同年リリースされました。


↑映画「ザ・ダイバー」のサウンドトラック


「ウィン」は、2001年に対する(第44回)グラミー賞の「最優秀楽曲賞(映画、テレビ、その他映像部門)」にノミネート。
コンピレーションアルバムにも収録されています。

↓おすすめコンピレーションアルバム




タイトルを直訳するならば ”勝利”。
しかし、この「ウィン」は何かをやっつけるということではなく、
「諦めないこと」がテーマの歌詞であり、そんな気持ちが大切だと歌っているもの。
一度や二度倒れてもまだまだ勝負は出来る、希望や信念を失くさず自分自身を失望させないように生きる事。
倒れても倒れても立ち上がり、決して投げ出さず決して諦めずに、常にこの一瞬一瞬に自分のベストを尽くせるなら、少しずつ未来の景色や結果は変わっていくんだという歌詞。
そこに、きっと”本当の勝利”はあるのだと。

また、この「ウィン」の歌詞では、
時というのは早いもの、だから一生に一度の機会は二度とない。
常に今がその時だという強い気持ちを持って毎日を挑め、そして頼れるのは自分だけだとも書かれています。


新年、気持ちも新たに、自分がやる気になれば頑張れる今に感謝し、
また昨年、本気で挑み頑張りきれなかった事や自分の弱さを見つめ直し、
今日、今この瞬間からまた一歩ずつ一歩ずつ、自分の未来の為にチャレンジできるような1年にしていきましょう。
本当の”勝利”を掴む為に。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>



wrote : 2018.1.1
(update : ----.--.--)