FAMOUSSONG

【A】【S】
【バラード】【デュエット】【1990's】【♩Slow】
【ポップ】【オペラ/ショーミュージック】【シネマミュージック】

Time To Say Goodbye (Con Te Partirò)/ Andrea Bocelli & Sarah Brightman (Origin : Andrea Bocelli)
(タイム・トゥ・セイ・グッドバイ (コン・テ・パルティロ) / アンドレア・ボチェッリ&サラ・ブライトマン)



「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」は、イタリアのオペラ歌手、アンドレア・ボチェッリとイギリスの歌手、サラ・ブライトマンが1996年にリリースしたデュエットソング。
もともとは、アンドレア・ボチェッリのソロ楽曲として1995年にリリースされたアルバム
Andrea Bocelli」に収録されたポップオペラ楽曲で、
原題となるイタリア語でのタイトルは「コン・テ・パルティロ(Con te partiro)」。

ポップオペラは、ライト・クラシックやクラシカル・クロスオーバーなどとも呼ばれ、
クラシックとポップの融合した、クラシックジャンルの派生形。

サラ・ブライトマンとのデュエットを期に歌詞の一部を英語に、
またタイトルも「Time To Say Goodbye」に変えてデュエットシングルとしてリリース。
すでにミュージカルやソロ歌手として活躍していたサラ・ブライトマンとのデュエットは、
世界的な大ヒットとなりました。


↑デュエットシングル「Time To Say Goodbye」(Con te partiro)


アンドレア・ボチェッリと「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ(Con te partiro)」の名を、
一気に世に知らしめたデュエット作品と言えるでしょう。
デュエットバージョンはシングルリリースの後、それぞれのアルバムにも収録されています。

 
↑サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)  ↑アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli )



オペラ特有のフォーマルな歌唱は、好き嫌いが分かれる所ですが、
細やかで美しいパッセージは歌い手の心をくすぐります。
また、サビの大きく伸びやかな歌声は、まさにオペラを体感できる部分でしょう。



紹介の曲「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」は、
ロバート・デ・ニーロ / ジャン・レノ競演、
1998年公開の映画「ローニン」(原題 : RONIN )




アダム・サンドラー主演、クエンティン・タランティーノ / リース・ウィザースプーン出演
2000年公開の映画「リトル★ニッキー」




全米初登場1位、興業収入1億ドルを超えた映画、
2007年公開の映画「俺たちフィギュアスケーター」(原題 : Blades of Glory )




アンジェリーナ・ジョリー主演、
2008年公開の映画「ウォンテッド」




2009年公開の映画「アマルフィ 女神の報酬」




世界50カ国で初登場1位を獲得。 全米2週連続1位を記録した人気作品。
2012年公開の映画「マダガスカル3」(原題 : Madagascar 3: Europe's Most Wanted )


など、多くの映画や番組にも使用されています。




【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

ドナ・サマー (Donna Summer)
キャサリン・ジェンキンス (Katherine Jenkins)
イル・ディーヴォ (Il Divo)
ヘイリー・ウェステンラ (Hayley Westenra)
・・・他

wrote : 〜2013
(update : 2017.6.11