FAMOUSSONG

【A】【L】
【バラード】【女性】【ソロ】【2000s (Origin:1980s)】【6/8】【♩Medium】
【ゴスペル/クリスチャンミュージック】【フォーク】【R&B/ソウル】【ロック】【シネマミュージック】

Hallelujah / Alexandra Burke (Origin : Leonard Cohen)
(ハレルヤ / アレクサンドラ・バーク)


「ハレルヤ」のオリジナルは、カナダ出身のシンガーソングライター、レナード・コーエン(Leonard Cohen)が1984年にリリースしたアルバム「Various Positions」(邦題 : 哀しみのダンス)に収録された楽曲。
オリジナルのレナード・コーエンのバージョンは、語る様な味わいのあるフォークスタイルの中にも、ロックやゴスペルフィーリングを感じさせるアレンジとなっています。


↑レナード・コーエン(Leonard Cohen)




今回は、TVショウ「X Factor 2008」でグランプリを獲得したアレクサンドラ・バークの
バージョンをピックアップ。
2008年に先行シングルとしてリリースされ、2009年のデビューアルバム「オーバーカム」にも収録されました。


↑アレクサンドラ・バーク / アルバム「オーバーカム」((Overcome)

アレクサンドラ・バークのバージョンは、レーナード・コーエンのオリジナルのような趣を感じさせる語る様な始まりから、どんどんとスケールの大きくなるサウンドにアレンジされ、エモーション豊かに歌い上げるアレクサンドラ・バークの歌唱は聞き者を引きつける壮大なものとなっています。


ハレルヤとは、旧約聖書にもあるヘブライ語由来の祈りの言葉「主をほめたたえよ」の意味。
一般には神への賛美を讃える言葉として使われますが、この曲では、一概に神として捕らえているばかりではないようです。
「ハレルヤ」という祈りや賛美を歌いながらも、詩世界はどこか物悲しくもあり、ノスタルジーや人生観、達観性のある作品となっています。
それぞれの思いを馳せるものを感じながら聞いてみるとよいでしょう。

ボン・ジョヴィやマイケル・ボルトン、スーザン・ボイルなど、性別やジャンルを問わず、
多くのアーティストにカヴァーされている名曲です。



紹介の曲「ハレルヤ」は、
主人公ラルフの母親が昏睡状態に陥り、「奇跡でも起きない限り目覚めない」と医者に宣告される。ラルフは、奇跡を実現させるためにボストンマラソンへの挑戦を決意…。
2004年に公開された映画「リトル・ランナー」(原題 : Saint Ralph )


など、映画や、TV番組にも使用されています。



【その他の主なカバーアーティスト】<順不同>

レナード・コーエン (Leonard Cohen) [*Origin]
ジェフ・バックリィ (Jeff Buckley)
ジョン・ケイル (John Cale)
ルーファス ウェインライト (Rufus Wainwright)
k.d. lang (k.d.ラング)
ペンタトニックス (Pentatonix)
ジェニファー・ハドソン & トリー・ケリー(Jennifer Hudson & Tori Kelly)
イル・ディーヴォ (Il Divo)
スーザン・ボイル (Susan Boyle)
ボン・ジョヴィ (BON JOVI)
ハレルヤ (Hallelujah)
サラ・オレイン (Sarah Àlainn)
ケイト・ボイージェル (Kate Voegele)
・・・他

wrote : 2015.5.7
(update : 2017.10.5)