COLUMN

【ボーカル】【スキルアップ】【メンタル】【テクニック】

2020.9.13

これからの時代におけるチャンスの作り方、増やし方

新型コロナウイルスが世の中を混乱に陥れて暫く、様々な分野で対応や工夫がなされるようになり、世界的にも少しずつ冷静さが戻ってきました。
当スクールもリモートとなって以来、奇しくも短期間でスキルを上げた生徒さんが多く、
今回の恩恵などととは言いたくないのですが、頑張ってるみんなに、結果が付いてきてる状況は大変喜ばしく思っています。

しかし、みんな、まだ実際のライヴなどは本格的に組み立てにくく、お客さんの動員も望めませんよね。
このような状況下では、新人の発掘やスカウトも、イベント下では活発にはなりませんから、「これからの時代に対応したチャンスの作り方や増やし方」を考えていくことも大切です。

例えば、現代では、SNSなどでの発信や発掘は誰もが考えつくことだとは思いますが、
それに伴う労力や、メリット・デメリットなども考えておきましょう。

メリット・デメリットのイメージ

SNSで何万・何十万というフォロワーを作り、大きな反響を得るために、どれだけの労力と期間が必要になるか、想像してみて下さい。
しかも、たとえ多くのフォロワーが獲得できたとしても、デビューできるかどうかは別問題。そこに何の補償も、絶対もありませんね。

そこで、みんなにもっと貪欲に活用してほしいことは、自分の師事しているスクールや講師などを利用することです。
スクールや講師の中には、業界にコネクションを持っている人がいます。
そういった者をもっと活用し、自分を売り込んでチャンスを作って下さい。
実績のあるスクールや講師にはコネクションがありますから、いつだって直でメーカーや関係者にアプローチします。
のちに話しますが、安全面や秘匿性にも優れています。

実績ある講師の眼や耳、アドバイスは的確ですから、信じてきちんと改善と対応が出来れば、スキルアップとともに、チャンスもどんどん広がるはずです。
その貴重さに気付けなかったり、簡単にへこたれる人も多いですが、プロ志望者にとって、これがどれほど大きなアドバンテージなのかを理解できれば、活用しない手は無いはずです。

実際、プロになった生徒は皆、僕たちを上手く活用しています。
彼らは常に講師にアドバイスを求め、指導はすぐに改善して、また違うアドバイスをもらう。
毎レッスンの度に少し向上し、1年後、2年後には大きな差をつけるようになります。
無論、講師としては、そういった頑張りも含めて、あるレベルに到達したらコネクションを活かしたいと思うわけです。
また、関係者の方々からしても、学んでいる姿勢や実績というものは、どんな見せかけの言葉よりも夢に対しての強い意志の現れとなりますし、常に自分を磨いているという良い印象を持ってもらえますから、作品評価に直接は影響しませんが、人間性としての魅力が伝わり、あなたの存在を後押しするものとなります。

結局、こういったタイプには、実力向上もさることながら、周りも運もどんどん味方にしていくような、必然的に良いスパイラルが生まれます。
夢の実現の為には、恥ずかしがったり、いちいち、へこたれてる場合じゃないんですよね。
みなさんは、自分の夢の為に、どんどん講師を活用して、踏み台にしていく位の気持ちでいいんです。

SNSには大きな可能性もありますが、危険も多くありますよ。
SNSのリスクのイメージ
まずは、《安全面》
分かっていると思いますが、SNSにプライバシーは無い前提で考えるべきです。
ネットにアップしたものは世界中に拡散され、良くも悪くも、一人歩きすることを想定しておかなければいけません。
楽曲や歌詞を真似されたり、あとで後悔するような映像や音源などを保存されてしまったり。
また、誰もが見れるということもあり、危険なアプローチが生まれることもあります。


《時間的消耗》
前述通り、SNSに作品をアップするまでに、どれだけの時間と労力を費やすかを考えてみましょう。
SNSでの聴き手の多くは一般の素人さんだからこそ、歌が下手でもパッケージされたもの、いわゆる商品全体として出来上がってるものの方が分かりやすく、評価されやすいです。
しかし、関係者などは原石を探しだす能力を持っています。
例えば、演奏が未熟でも歌唱や声に光るものがあれば、「この子の声は凄い!」と評価できますから、発掘されることだってあるのです。
一般ウケするためのパッケージ化に、多くの貴重な時間を費やしますか?
1曲の完成に一ヶ月とかかるようなら、少し考えものです。
歌手志望者ならオリジナルでも既成曲でも構いません。演奏が少しぐらいチープやラフであっても、自信のある歌唱テイクやデモ音源を、信頼できる講師に、スピードを上げてどんどん渡していった方が得策だと思います。

《飽きられる》
現代社会は、流行の伝播も早ければ、浸透、風化スピードも早くなっています。
次の一手も二手も備え、どんどん新しい作品やアプローチで、実力を見せつけられるならよいですが、いい加減に露出するのは危険です。
早々に評価を下され、フレッシュさを失い、いわゆる一目惚れ的な衝撃を、以後、与えることが難しくなってしまいます。
ヴィジュアルや物珍しさで注目されるものも、早々に飽きられやすいですから、先を見越してしっかり実力も作らねばいけませんね。
また、シンガーソングライターの方は、SNSに公開したオリジナル楽曲でのデビューは、まず無いと考えておいた方がよいでしょう。
メジャーデビュー曲となれば、大抵は、まだ広く世間に公開されてないもの、改めて作られるものになるはずです。
公開した曲が、あなたの唯一の自信作では、その後が厳しいです。
曲の在庫や創作スピードは十分でしょうか?


以上、夢の実現や目標に向かって、この状況下において、どのように学びや歩みを作り、成長し、チャンスを増やしていくのか。
これからの時代は、もっともっと講師のコネクションも上手く活用してみて下さい!

【ボーカル】【スキルアップ】【メンタル】【テクニック】カテゴリの関連コラム