COLUMN

【ボーカル】【スキルアップ】【リズム】

2017.7.2

「質問です」 ~あなたは分かりますか?

「質問です。」

次のスコアはビートルズの「HELP!」の一節ですが、
ボーカルは何からはじまるか、わかりますか?

それが分かったら、ボーカル以外のパートも考えてみましょう。


よーく考えて下さいね。




ボーカルの人は、どうですか?
ファの#で「Help!」と歌うという答えになりましたか?





ギターの人はどうですか?
Bmコードのストローク。





ベースの人はどうでしょうか?
B(シ)音で。





ドラムの人は、キックとシンバル。





ハイ。良く出来ました!



これらの答えが出た人は優秀。合格です!

でも、90点の合格なんですね。

!? ・・・なぜ100点じゃないか。
分からない人は、目で見ているだけではなく、
実際に歌ったり、それぞれのパートを演奏するつもりで、もう一度見てみましょう。






さぁどうですか?
勘のいい人や、実際に多くプレイしているようなバンドマンは、もうそろそろ分かりましたよね。

そう、答えは。

ボーカルは 歌う前の「ブレス」(初動・準備)
ギターやベースは、ストロークやピッキングの前のモーション「振り上げなど」(初動・準備)
ドラムは、シンバルとバスドラムを叩くための手足のモーション「振り上げなど」(初動・準備)

スコアには載ってない「初動」(Initial Motion)です。



少し、意地悪な質問でした。
すみません。
しかし、これらは大抵、あたりまえに出来ていることなので重要視されないものですが、
実は感じ方の強弱などの個人差があり、リズム感やグルーヴの善し悪し、
フィーリングの違いとなって歌唱や演奏に現れてきます。
とくに、個人的に日本人はこの能力が弱いように感じています。
ですから、今回はあえてそれを感じてもらいたかったというわけです。



どのパートも、1音目の前の「初動」を感じてみて下さい。
また、その取り方や感じ方の強さを変えてみて下さい。



始めの出音のフィーリングやリズムの精度などが変わるはずです。
リズムやグルーヴが足りない人は、この初動・準備が甘いことも多いのです。
いわゆるノリが悪い歌やプレイになる原因の1つにもなります。

プロの演奏や歌唱を見たり聞いたりしてみて下さい。
スコアに書いてある音や、カラオケでテロップとして出てくる言葉以前の初動にもニュアンスがあることも多いですし、初動がリズムを掴んでいるはずです。


実際のプレイというものは、厳密にはスコアに見える音や声から演奏が始まるのではないのです。
表から始まるフレーズも初動は裏になることもありえるわけです。
もちろん、その逆もね。

リズム精度やグルーヴの良いプレイの為に、スコアに書いてある音の実体以前に、
その音を掴む為の良い初動・準備や、始めの音の前のノリをどのように作ったり感じたりできているのか考えてみると良いですね。
まずは「フレーズの頭を取るための初動」「ボーカルはブレスなどの初動」を正確に作る意識をもってみましょう。