COLUMN

【テクニック】【スキルアップ】
2015.5.2

エッジをつける(3) ~ボーカリストの上級テクニック クラシカルな指導の弊害

今回は、以前のコラム「エッジをつける(2) ~ボーカリストの上級テクニック エッジを聴き取れるか」の続きとなるコラムです。

以前のコラムからも理解頂けるように、現代音楽にとっては最高の宝となるエッジですが、じつはこのエッジを知らずに消失させられてしまうこともある。
ボイストレーナーの多くは音大などの声楽を学んだ人が多いが、現代音楽やロックを学んでない講師や、実践した事の無い講師は、現代音楽の歌唱の宝ともいえるエッジを解消させることもあるので注意したい。

エッジが理解出来ないと、単純に「喉声」や「喉しぼり」として片付けてしまうのだ。
良いトレーナーであれば見極めが出来るので、良質のエッジを消す事は間違っても無いはずだが、残念ながら、エッジを理解し指導出来る講師は、一握りと言えるだろう。
実際、他のスクールから入学してくる生徒の中にも、講師にクラシカルな感覚を植付けられてしまっている人も多い。
長年のクラシカルな歌唱指導から、エッジの感覚は無いうえに、やたら裏声づいていたり、グルーヴが無かったり、滑舌が悪かったりと、なかなかエモーショナルに歌唱出来ない人が多く見受けられる。
また、やはり小さな頃に合唱団やコーラス部などを経験している人にも、エッジを乗せにくい傾向が目立ちます。



これらは、なかなか厄介なもので、長年、良かれと指導されてきたものだから、堅苦しい声が癖づいており、そう簡単には取れない。
喉の違和感があれば、たちまち悪い発声だと思い込んでる人もいる。

合唱は、多くの人が合わせて歌うのだから、合唱用に口の形や声の色合いなどを決めていくように、ある程度、声をみんなと揃え、整えることになる。
あまりにも自分が個性的な歌唱であれば、1人浮いちゃうわけだ。
合唱ならばそれで正解なのだが、しかし、現代音楽は、個性やエッジまでもが宝なんだよね。
せっかく上手くなりたいと学ぶのだから、現代音楽を志向する人は、講師の指導タイプには注意しておきたい。