COLUMN

【書籍】【DTM・作詞・作曲】
2014.3.1

サウンド&レコーディング

作曲などのクリエイティヴな部分に興味のある生徒さんは、レッスンの待ち時間に読んでくれている、うちではお馴染みの音楽雑誌ですよね。
個人的にも、購読して30年近く経ちますが、クリエイター、作曲を目指す人は読むと良い専門誌だと思います。
たぶんDTM初心者には、はじめは何の事かさっぱりわからないかもしれませんが、暫く読み続けてみて下さい。プロの音作りのコツや使用機材など、けっこう参考になります。

実は機材やサウンドって、その時代によっての流行もあるんですよ。
ですから、第一線で活躍されている国内外のクリエイターの機材をチェックしたり、使い方のアイディアなどがレポートされていたりするので、自分で作曲、DTMをして音をプリプロダクションしたいと考えている人には、おすすめな音楽雑誌だと思います。

最近では、2013.3号に故 佐久間正英さんの追悼号「佐久間正英が遺してくれたもの」として、今までサンレコ誌にてコメントされた佐久間さんの記事が全て掲載してあり、お宝号でした。



僕が生徒によく言う、本当に上手いボーカリストとして必要な事も、佐久間さんも同じ様にコメントされていたりしますね。
これは、現場を経験した人でしか教授出来ない感覚だし、なかなか一般の講師では教えられないことです。
是非、DTMを志す人、クリエイターには購読してみてほしい音楽専門誌です。